E-59

衝撃!私の夫がパイナップルに

私の夫の話です。私の夫は転勤のある仕事をしている為、異動が決まり引っ越しをしました。引っ越し先は初めて住む場所なので分からないことばかりです。

引っ越ししてから1ヶ月ほどたったある日、夫が「散髪に行きたい」と言いました。私は評判の良いお洒落な美容室がいいんじゃないかと勧めましたが、夫は人気のある美容室は予約がなかなかとれないし、料金が高いから安くて予約せずに切ってもらえる所が良いと言って「カット1回2000円」と言う看板がかかってある散髪店に行きました。

スポンサーリンク


そして、夫はパイナップルのような頭になって帰ってきました。ビックリし過ぎて声をかけれませんでした。完全に失敗作です。滅茶苦茶不機嫌になっていて「最悪や」と一言だけ言って部屋に閉じこもりました。

頭は襟足から耳くらいまで下からバリカンで刈り上げられ、耳から上をすきバサミですいてもらったようですが噴水のように上から耳に向かって毛が生えていました。夫はエラが張っていてホームベース型の輪郭なので正にパイナップルでした。

夕食の時にどうしてそんな髪型になったのか聞いてみると、まずカットを担当したのが20歳くらいの若いお兄さんで「どんな髪型にしますか?」と聞かれたので「襟足から耳辺りまでバリカンで短くして欲しいです。あとはトップを少しすいてもらってセットしやすくして欲しいです」と口頭で伝えたそうです。

髪型についてやり取りしたのはその時だけで後は座って雑誌を読んでいて「終わりました」と言われ顔を上げたらパイナップル人間になっていたそうです。鏡に映った自分の姿を見て愕然としたそうです。

怒るパイナップル、笑いが止まらない私

腹が立って怒鳴りたかったそうですが、どうにもやり直すことができそうにない髪型と腹立たしさで「早くその場をから立ち去りたい」という感情しかなかったそうです。店にいた他のお客さんやスタッフ全員が自分を見ていることが分かったそうです。

お会計時に店長らしき年配の男性が申し訳無さそうな感じで話しかけてきたそうですが、何を言っていたも覚えていないと言っていました。パイナップル人間になってしまった夫。その姿 があまりにも悲惨で可哀想でした。

次の日、まだめちゃくちゃ不機嫌なまま夫はいつも通りスーツを着て出勤しました。そんな夫を見送った後部屋を掃除しました。掃除をしながらパイナップル人間になった夫を思い出して、お腹が痛くなるくらい一人で大笑いしました。その後髪が伸びて普通の髪型にもどりましたが、あれ以来美容室選びをかなり慎重にするようになりました。

スポンサーリンク