E-46

サラサラヘアから一転!クラスの笑われ者に

私は、幼少の頃から小学生終わりまで、まぎれもなく直毛でサラサラのストレートでした。ですが、中学生になった頃からいきなり髪質が変わったんです。

きっかけは、ヘアスタイルを変えたことでした。それまでは美容師さんのアドバイスから髪に段を一切入れないようなカットにしていたのです。ですが、イメチェンしたいなぁと考えた私は、全体的に段をいれて軽ーいエアリーな髪型にしようと美容院へ。

カットする前に美容師の方に「もしかしたらクセがでてきてしまうかも」と忠告されていたのですが、まさか的中するとは思いもしませんでした。見事に翌朝にはすでにクセがでてきており、エアリーなはずがぼわっとして、まるで別人です。

スポンサーリンク


特にひどかったのは前髪。前髪にもクセがしっかりでてきており、まるでパーマをかけたオバさんのようになってしまったのです。また、昨日までは眉下まであった前髪が、一晩でクセがでてしまったおかげで「オン眉」になってしまったんです。

こんなんじゃ絶対友達に笑われると思い、30分以上かけてドライヤーで繰り返し前髪を伸ばしました。しかし学校に着く頃には前髪が持ち上がり「オン眉」状態に。パーマをかけたのかと友達に笑われ、もうその日はさんざんでした。

なんとかしなきゃ!前髪だけでも縮毛矯正

考えてみれば、私はもともとはくせ毛だったのかもしれません。髪の量が他の人と比べて多めでしたし、髪のボリュームでクセを押さえることがどうにかできて、ストレートでいることができたんですね。

私は美容師の方の忠告をまじめに聞いていれば良かったと後悔。せめて前髪だけでも以前のようにまっすぐできないものかと考えていたら、縮毛矯正のことを知りました。ただし、お金はあまり無いので前髪のみの部分的な縮毛矯正です。

ストレートパーマよりモチがよいとのことなので、早速長期休暇の時に思い切ってチャレンジ。縮毛矯正の仕上がりはまさに私の理想通りでした。以前よりもサラサラのストレートになることができたんです。ただ、前髪だけ。

前髪がまっすぐだとこれほどまでに印象が変わるものなんだと悟った瞬間でもありました。前髪だけストレートというのは変といえば変なのですが、ロングヘアでしたので、後ろは結んでごまかすことができたのです。

とにかく前髪を触ってみると太くてごわついていた毛が、しなやかになっており感激しましたね。もうこれで朝のドライヤー時間がなくなると。

今度はアホ毛ですか・・・全体に縮毛矯正をかけてやっと解決

そして「もう友達みんなに笑われることはないだろう」とワクワクしながら私は登校しました。と思っていたら、なんと今度は「あほ毛」を指摘されるはめに。

前髪が落ち着いたためか後ろを結んでいると、あほ毛がツンツン目立ってしまうようで、遠くからでも確認できるほどヒドイのだそうです。合わせ鏡で見て、やっとアホ毛がひどいことを自覚できました。

やっぱり全体的に矯正直毛はやらないとダメなんですね。とはいえ、学生の身分だったので卒業まではどうにかしのぎ、卒業と同時に念願の全体矯正直毛をしました。あの感動は今も忘れることはない思い出の1つです。

スポンサーリンク