E-37

憧れのキャンパスラブはサークルメンバーと


私は大学2年生の時に初めて彼氏ができたのですが、サークルが同じ彼でした。大学1年生の終わり頃から彼に恋心を抱いていたのですが、まだ私は恋愛慣れしていなかったため、どのようにアプローチをしたら良いのかわからずにいました。

彼とはキャンパス内で会った時に軽く話をしたり、サークルの飲み会でしゃべる程度、二人っきりというシチュエーションにはなかなかならなかったんです。そんな頃、サークルの飲み会で好みのタイプの女性の話題になり、彼は「パーマがかかった、ふんわりした髪型が好き」ということを初めて知ったのです。

スポンサーリンク


私は当時セミロングヘアで肩よりも少し長いぐらいの髪型にしていたのですが、パーマをかけたことはありませんでした。当時はパーマが流行っていてふんわりさせて女性らしさを出している人も多かったのですが、パーマにはいまいち踏み出せずにいたのです。


よし、決めた!ふんわりパーマ彼好みの女になるぞ!


彼の好みを知ってからどうしようかと1か月間悩んで、思い切って美容院に向かった私。結局1万5千円程度出して、髪の毛をカットしてパーマをかけてもらいました。

髪の毛が軽くカールをしてふんわりとした感じを出したかったのですが、思ったよりも私の髪はパーマが落ちやすいようで、長持ちしなかったのが残念でした。でもパーマをかけてサークルに行くと「雰囲気が変わったね、いいね!」という言葉を彼からも、友達からももらえたので満足しました。
そしてしばらく後に、彼との恋愛もその後思いがけずに成就することとなったのです。これはやっぱりパーマ効果だったのでしょうか。

お酒の勢いでついに告白!素敵な思い出をありがとう


パーマが落ちてしまったかなと思う頃に、飲み会の後、彼と二人で駅に向かう時間がありました。ここはチャンスと思った私は「飲み足りなかったからハシゴしない?」と彼を誘ってみたのです。

私から誘うなんて、彼はちょっと驚いたかなと思うのですが快く私の誘いに乗ってくれました。更に、二人っきりの時間は楽しく、あっという間に時間は過ぎていきました。

そして二人でお酒が進み、私はお酒の勢いもあってか「私この髪型にした理由なんだけど、○○くんがふんわりしたパーマヘアが好きって言ってたからなんだ」と言ってしまったのです。ついには「○○くんのことが好きなの」と告白した私。

彼は少し間を置いた後で「パーマ、似合っているよ」と言って照れていました。最後に私から「お付き合いをしてくれませんか」と話をすると、何とOKがもらえたのです。

髪の毛がきっかけで告白につながり、それが成功するとは思いもよりませんでした。その後彼とは3年間という長い期間付き合うことになりましたが、とても誠実で優しい彼でした。

もしかしたら彼は私がパーマをかけた頃から、好意に気づいていたのかもしれません。お別れしてしまいましたが、本当に楽しい時間をありがとう。

スポンサーリンク