OLYMPUS DIGITAL CAMERA

びびび!やんちゃな先輩に一目惚れした私は・・・

私は中学生1年の頃に、2つ年上のやんちゃな先輩に一目惚れしました。女の子なら、一度は悪そうな男にキュンとしますよね。

そのころビビリで真面目ちゃんだった私は先輩方から目をつけられないように黒髪のストレートヘアでした。ですが一目惚れした先輩は金髪のパーマヘア。

スポンサーリンク


私は一目惚れした先輩に、私の存在を知ってもらいたい、そして出来れば好きになってもらいたい!と言う一心で美容関係に凄くお金をかけるようになりました。特に気を遣ったのはヘアケアです。例えば月に最低二回は、美容室に通い毛先のカットや、トリートメントなど自分の貯金を切り崩して、頑張ってました。

声をかけられただけでも、もう天国!更に上を目指すことに

そして、夏休みに入る前、遂に先輩が私に声をかけてくれるまでになりました。でも、ごくたまに声をかけられるだけで特に何の進展はないまま夏休みになってしまいました。

声をかけてもらっただけで舞い上がり、子供だった私は、先輩にお堅い子と思われたくなく、思い切った行動に出ることにしたのです。校則ではダメなのですが、茶髪に染めて更にパーマをかけました。

そして夏休みが終わり、私が茶髪でパーマをかけたまま学校に登校したら、やはりクラス一同からガン見。先生からは大目玉でした。校則を破ったのですから当たり前ですね。

ですが、好きな先輩や、先輩の友達から凄く注目してもらえるようになって、私としては大満足な結果に。でも、やんちゃな女の子の先輩方に目をつけられているのを感じたので、結局すぐ黒髪に戻しました。

また真面目ちゃんに元通り。でも思わぬ展開に・・・?

すると黒髪に戻した途端、クラスのとある男の子から「お前はやっぱり黒髪ストレートが似合う」と言って私の頭をポンポンとしてくれたのです。男の子にボディタッチなんてされたことなかった私は、それだけでかなりドキドキ。

そして、他の女の子達からも黒髪ストレートが一番似合っていると言われ、凄く嬉しかったことを良く覚えています。まぁ結局、頭をポンポンしてくれた男の子とも、好きな先輩とも何にもなく中学校生活は終わってしまったのですが。

中学生の自分の突発的な行動、今思えば親や先生に迷惑をかけたなぁ、と反省しています。真面目ちゃんだったのに、校則を破ってすみませんでした。

成長と共に知る、自分に似合うファッション

そして中学校卒業から7年たった今、段々とファッションの趣味や嗜好が定まってきたように感じます。少しニュアンスが違うかも知れませんが、やりたい髪型やファッションと、自分に似合う髪型やファッションは、違うと言うこと、中学校時代の恋愛で学ばせてもらったと思います。

今でも中学校の同級生と会うと、私の当時の言動は笑い話にされております。やんちゃな先輩に一目惚れした私の事、恋に恋してた私の様子、謎の茶髪パーマになった衝撃的事件などなど。改めて聞くと恥ずかしい話ばかりで、穴があったら入りたいです。

そして最後は、必ず「あんたはダメ男に引っかかりやすいタイプなんだから」とお説教されるのです。友人曰く、髪の毛を染めるタイプでは一切無かった私が男の気を引くために髪を染めたということは、ダメ男に引っかかりやすいという典型例なのだとか。

恋愛相談に親身になって乗ってくれるので、本当に私は良い友達を持ちました。これからもダメ男に引っかからないよう、しっかり友達のアドバイスを聞いていきたいなと思います。

スポンサーリンク