デジタルパーマをしたのにパサパサ・・・これって失敗?

E-28

長持ちしてお手入れも楽ちん、願ったり叶ったりなパーマと言えば何でしょう。多くの人がデジタルパーマを思い浮かべると思います。

私の周りでも着々とデジパデビューする人が増えています。実際、私自身もかけたことがあるのですが、実はあんまりしっくりこなかったんですよね。ただ髪がパサパサになっただけで。

そっかーゆか

「やっとデジタルパーマをかけたのに髪がパサパサ」「もっとお手入れが簡単だと思っていたのに」と感じている方、意外と多いのではないでしょうか。せっかくかけたデジタルパーマ、もっとウルウル、ツヤツヤなカールを楽しみたいですよね。

意外にも、デジタルパーマのカールや髪のツヤを取り戻すには特別な方法は必要ありません。普段のお手入れグッズをちょっと見直して、一工夫するだけでいいのです。

もくじ


1.デジパにはオイルが効果的?
2.パサパサ髪防止に役立つアイテム!
3.髪がパサパサにならないお手入れ方法
4.まとめ

【デジタルパーマの勘違い】オイルを使ってお手入れしてみたけど、これって正しいのかな

E-29

デジタルパーマをかけて、まずぶつかる壁が「髪にツヤを出せない」ということだと思います。パーマにヘアダメージはつきもの、ダメージが無いパーマなんて存在しないでしょう。髪は傷むとパサパサしてツヤが出にくくなりますもんね。

そこで髪のツヤ出しといえば、オイルトリートメント。ツヤといえばオイル、油といえばツヤ。とりあえず椿油から始めて、ココナッツオイルやホホバオイルなどなど様々なオイルを髪につけてみようと試してみる方、すごく多いように感じます。私もココナッツオイルによるオイルヘアパックは試してみたオイルパック経験者です。

ですが、オイルってけっこう扱いが難しいんですよね。つけるタイミングや量、しかもオイルは髪との相性があり、効果が出るかどうかはまさに千差万別。また、相性がよくても効果が出るには時間がかかります。個人的な感想としては何週間かオイルヘアパックを試してやっと少し効果が感じられるかな・・・という程度。しかもワックスなどのスタイリング剤を使った日はオイルトリートメントがしにくいため、なかなか長続きしません。つまりオイルによる髪のお手入れは効果の割には手間の方が多いという感じ。

【プチまとめ】オイルパックは時間がかかる上に効果が実感しにくい。相性も髪質によって合う合わないが分かれてしまう。

デジタルパーマのツヤ出しといえばヘアオイルという考えはありがちですが、一旦この考えは置いておきましょう。椿油やココナッツオイルのようなオイルを買う前に、まず実践するべきお手入れがあるのです。

→最新ヘアケアシャンプーランキングはこちら。

効果的なお手入れグッズでツヤツヤなデジタルパーマを作ろう

E-30

デジタルパーマをウルウル、ツヤツヤにする髪のお手入れってとてもシンプル。シャンプー、トリートメント、洗い流さないトリートメント、ドライヤー、ワックス、これがあればデジタルパーマの傷みも改善されるのです。使う順番も書いた通りに使うだけ。

そして、やっぱりお手入れグッズの質はかなり重要。特にシャンプー・トリートメントは「安さ重視」で揃えると、髪のパサパサが目立ってきてしまう可能性はどんどん高くなります。ですが成分表を見て、界面活性剤やシリコン量を考えながら自分に合う逸品に出会うのは時間も手間もかかりますよね。

ですので、私が実際にパーマをかけてきてシャンプーとコンディショナーを試してみました。もちろんいわゆる「普通のシャンプー」ではなく、@コスメなどで女性から人気があるシャンプーをネットでいくつか取り寄せて試してみました。その中でも良かったものを詳しくレビュー、ランキングにまとめてますので後でチェックしてくださいね。

→最新ヘアケアシャンプーランキングはこちら。

E-31

それも面倒だというのなら(笑)シャンプー・トリートメントは美容院で美容師さんおススメのセットを買うのをおすすめします。手っ取り早く質の良いものを手に入れられますよ。シャンプー・トリートメントは髪のお手入れの基本、土台となるグッズです。ここは妥協せずいいものを使いたいもの。

例えば、ちょっと高いバッグを買ったとしますよね。本革などデリケートな素材が使われている場合、バッグと一緒にお手入れグッズも揃えたりしませんか?または店員さんにお手入れ方法や、どんなグッズを使うべきか、ついつい聞いてしまいますよね。

髪だって同じ。普段と違う施術をしたなら、それをした人に直接聞くのはかなりいい方法です。まして、そこがあなたの行きつけの美容院ならあなたの髪質もよく理解してくれているはず。きっとベストなシャンプー&トリートメントを厳選してくれるでしょう。

とは言え、もちろん気になるのはそのお値段。ネットで人気のシャンプーや美容院で買うシャンプーって高いですから、ポンポン買えないですよね。

少しでもリーズナブルに良いシャンプー&トリートメントを使いたいなら、例えばいつも使用しているシャンプーと高級シャンプーを併用してみてはいかがでしょう。もちろんトリートメントも同様です。

【プチまとめ】サロン専売のシャンプーと、ドラッグストアのシャンプーを併用してお得に使おう!

デジタルパーマをかけた直後は高級シャンプーを使い、段々と普段のシャンプーも使う日を増やしてみるのです。これならシャンプーが減るスピードは遅いですから、多少お財布に優しくなるはず。また、高いシャンプーで詰め替え用がある場合はそれをドーンと買って、百均のボトルに詰め替えるというのも節約術ですよ。

例えば、平日は普段のシャンプー&トリートメント、休日は美容院やネットで買ったグッズで髪をお手入れするだけでも仕上がりは変わってきます。私も最初は半信半疑でしたが今はもうインターネットで買ったシャンプー愛用者になっちゃいました。ネット・サロン専売のヘアケアグッズ、一回は試してみる価値ありです。

→最新ヘアケアシャンプーランキングはこちら。

脱・取れかけパサパサパーマヘア!これが正しいお手入れだ

E-32

さて、土台であるシャンプーとトリートメントを揃えたら、後は乾かし方を一工夫するだけでOK。シャンプー・トリートメントをしたらしっかりと乾かすだけでパーマの持ちは良くなるのです。

必要なのは洗い流さないトリートメントとドライヤー。お風呂上りは髪の水気を優しく拭き取って、早めに洗い流さないトリートメントを髪につけてあげましょう。そして、速やかにドライヤーで髪を乾かせば次の日のスタイリングは楽ちんですよ。

【プチまとめ】お風呂上りは早めに洗い流さないトリートメントをつけて、早めにブロー!

E-33

デジタルパーマでポイントになってくるのは、しっかり髪を乾かすこと。髪を濡らしっぱなしにしている時間が長いほどカールは取れ、髪は傷むばかりなのです。いいことがひとつも無いってことですね。

ですが、ドライヤーを使うということは熱ダメージを避けられません。そこで洗い流さないトリートメントを髪につけておけば、髪の傷みは最小限に抑えられるというわけ。ぜひぜひお風呂上り、ドライヤー前には洗い流さないトリートメントをお忘れないように。

【プチまとめ】洗い流さないトリートメントがドライヤーの熱から髪を守り、パサパサな髪になることを防いでくれる。

E-34

最後に、乾かし方ですが自分で美容院でのカールを再現するように髪をクルクルねじりましょう。自分の手をロッド、つまり髪を巻くカーラーのようにして、カールを復活させるのです。

ただ普通にブラッシングしながらドライヤーで乾かしても、なかなかパーマは復活しないでしょう。ドライヤーの度にパーマを再現するように乾かせば、カールは長持ちしますよ。ちょっとしたことでパーマの持ちって変わってくるんですね。

【プチまとめ】ブローはパーマを再現するように指先で髪を巻きながら!

→最新ヘアケアシャンプーランキングはこちら。

まとめ

いかがでしょうか。

いえーいゆか

・デジタルパーマのツヤを出すのにオイルを使うのはちょっと待った!オイルは相性や使い方が難しいですよ。

・まずはシャンプーとトリートメントを美容院専売のもので揃えてみよう!シャンプー&トリートメントは基本の「き」

・デジタルパーマには髪をしっかり乾かすことが欠かせない。洗い流さないトリートメントもお忘れなく。

デジタルパーマをかけるとスタイリングが楽になるとは言うものの、どうしてもお手入れは必要になってきます。「楽になる」というのはあくまでコテやアイロンが不要になるのでスタイリング時間が短くなるという意味なんですよね。「髪がパサパサになって、デジタルパーマに失敗したのかな」と疑う前に、まずはお手入れです。一か月はしっかりと髪のお手入れをしてみましょう。ちょっとずつでも、きっと髪は変わっていきますよ。