D-86

私の頭はおっさんかよ、増える抜け毛とため息


今、抜け毛が増えたことによる薄毛が気になっています。中年男性の象徴的なシーンとしてテレビでよく見かける、「朝、枕カバーに抜け毛がごっそり」とか「シャワーの後の排水溝に抜け毛がごっそり」というまさにあの状態です。

最近は、その抜け毛の多さに伴って、髪全体が薄くなってきたようにも感じています。私がこの抜け毛に気が付いたのは、1週間ほど前です。マットレスの上で昼寝をしてしまい、起きたときに抜け毛がたくさんついているのを見たのです。枕カバーよりマットレスの方が滑りが悪く、毛がより抜けやすい状態ではありました。

スポンサーリンク


それにしてもたったの数十分で十数本抜けていたのには驚きました。毎年夏の終わりから秋にかけては、抜け毛が多くなるのですが、この時期にこの量はちょっと普通ではなかったのです。抜け毛の原因は、頭皮の肌荒れにあるようです。

ことの発端は頭皮の湿疹だったのかも


今から3~4カ月前から、頭皮に痒みを伴う小さな湿疹ができ始めました。掻くと血が出てかさぶたになり、また別のところに湿疹ができる。この繰り返しです。空気の乾燥していた季節は頭皮だけで済んでいましたが、頭皮が汗ばんだりじっとりと蒸れたりする季節になると、湿疹はさらにひどくなり、首筋にも波及し始めています。アトピー性皮膚炎のようです。

しかし患部が露出している腕や足とは違い、頭皮の湿疹には髪の毛が邪魔をして直接軟膏を塗ることも、保湿ケアをすることもできないのです。頭皮に湿疹ができて、そのせいで毛穴が影響を受け、髪が抜けてしまっているのだと思います。

今もまだまだ格闘中!諦めません勝つまでは


私のアトピーは社会人になってから小康状態だったため、再発したことを親に相談すると、すぐにステロイドの使用を勧められました。しかしステロイドには過去に嫌な思い出があるので使いたくありません。私の体質には合わないようで、一度は治るのですがすぐに症状がぶり返してしまうのです。

ついつい頭皮をポリポリと掻いてしまうと、かさぶたが取れて湿疹がもっと広がってしまうので、患部には触れないようにしています。また、頭皮に余計な刺激を与えないように、アミノ酸系のシャンプーに変えました。まだ効果は見られませんが、秋冬まで長引かせないようにしっかりと対策をしていきたいと思います。

頭皮が荒れていると、抜け毛だけでなく髪の手触りも悪くなっていきます。抜けた毛も頭皮の状態が良くなれば、また生えてきてくれると思いますが、女性にとって髪は命だという事をしみじみと感じる今日この頃です。

スポンサーリンク