パーマをかけたらスタイリングが楽になるって本当?

D-73

ちょっとイメチェンしたくて、毎朝コテを使うのは面倒で、友達がおすすめだって言っていたから、パーマをかけようと思うキッカケは人それぞれ。とにかくおしゃれに、かわいくなりたいという想いの元、パーマに挑戦するのはみんな同じですよね。

ずぼらな私は「きっとパーマをすれば毎朝のスタイリングが楽になるはずだから」と考えてしまいがち。朝は一秒でも長く寝ていたいですからね。

ただ、意外や意外、パーマをかけると気にかけなくてはいけないこと、正しいお手入れなど逆に手間が増えます。しかも、パーマの特徴をよく知っていないと間違ったケアに走ってしまう危険性もあるのです。

せっかくパーマをかけるなら、長くウルツヤでフワフワなパーマを楽しみたいですよね。ちょっとした工夫をしておけば、めんどくさがりでも三日坊主でもパーマを楽しめることができます。ぜひ知っておきたいパーマヘアのお手入れ方法をまとめました。

【時短スタイリング】パーマを楽々復活させるためのウルツヤテクニック

D-74

特に最近は強力なデジタルパーマがすっかり主流になってきました。形状記憶の力が強い分、どうしても髪への負担が大きくなってしまうというデメリットもあるのがデジタルパーマの難しいところ。

ずばりデジタルパーマのような強いパーマを長く楽しむ、また復活させる一番のポイントは「お風呂」にあるのです。夜のお風呂タイムでしっかりと下準備をしておけば、翌朝のスタイリングも楽々。簡単に、パーマを復活させることができます。

D-65

まず、気を付けたいのは「シャンプー」です。トリートメントが注目されがちなのですが、実はパーマヘアにはどんなシャンプーを使うかということがとっても大切。

デジタルパーマのような強いパーマの後は、ぜひ「より洗浄力のマイルドなシャンプー」を使いましょう。できれば美容院やサロン専売のシャンプーを使いたいくらいです。

ドラッグストアで手に入る買いやすい値段のシャンプーは洗浄力が少々強すぎる傾向にあります。パーマ後の髪はかなりダメージを受けている状態です。少しでもマイルドで、髪への刺激が少ないシャンプーを使いたいというわけ。

成分表などで界面活性剤の種類を吟味して買うのが一番理想的なのですが、素人がシャンプーを見極めるってけっこう難しいですよね。最初は美容師さんおすすめのシャンプーを買ってしまう方がいいでしょう。どんな成分が使われているのかをよく見て、少しづつ自分でも「マイルドなパーマヘア向きのシャンプー」を選べるようになれればGOODですね。

ちなみに私は美容院でシャンプーを買う時は詰め替え用を買います。百均でボトルを買っておけば容器代の節約になりますからね。美容院の商品って高いですから、こんなところでちょっと節約。

→【パサパサなのは洗い方が間違ってる】正しいシャンプー方法で髪を守ろう、詳しくはこちら。

D-75

さて、こだわりのシャンプーで洗ったらトリートメントをしましょう。必要以上に髪をパックすることはかえって髪の負担になるのでやめておきましょうね。あくまで、トリートメントの裏面に書かれている使い方通りに使うことがポイントです。

トリートメントをもったいないからとあまり洗い流さない方もいるようですが、しっかり洗い流してからお風呂を出ましょう。トリートメントはいわば毛にラップをしているようなもの。きちんと洗い流さないと、毛にラップを巻いたままの状態になり、髪がシナっと元気が無くなってしまいます。

意外と知られていない?デジタルパーマはとにかくよく乾かすことが鉄則

D-76

次に大切なことは「髪をよく乾かしてから寝る」ということ。デジタルパーマのようなタイプは特に、きちんと乾かすことでパーマを長く維持できます。実ははしっかりと乾かすことがパーマ復活術のポイントなのです。

「濡れている状態の方がパーマの持ちが良いと聞いたことがある」という方、多いです。ですが、デジタルパーマのようなタイプは熱の力を利用したパーマ。パーマをかけるときに熱を加えながら施術していくんですね。

熱を加えながら行ったパーマは、濡れている状態では復活しにくいです。パーマを復活させるためには、パーマをかけたときの状況に近づけるのが一番ということ。つまり、熱を利用した施術なのであれば、髪は熱を加えて乾かしてあげたほうがカールが復活しやすいですよね。

しっかり髪を乾かしてから寝れば、寝癖もつきにくいですから一石二鳥。パーマヘアにとって、自然乾燥で寝てしまうということは大敵ですよ。

更に、乾かし方も工夫すればパーマが復活してきます。その名も「ねじり上げドライヤー」です。

B-52

手元に注目してください。指先でクルクルと毛先をネジネジしているのが分かりますか?こうしてねじってドライヤーをすることで、ぐっとカールが戻ってきます。

つまり、パーマの施術を再現してあげているような感じですよね。濡らした髪をロッドに巻いて熱を加えていく工程を、お風呂上りに再現しているということ。

ちなみに、髪の根元、頭皮を先によく乾かしておくと効率がUPします。頭皮を乾かして置けば自然と水分は毛先に流れていき早く乾きますから、根元を乾かしてから毛先をネジネジという流れで乾かしましょう。

もし翌朝、カールが弱くなっていたら、霧吹きで髪を濡らしてもう一度ねじりながら乾かしてみて。またカールが戻ってきますよ。

→【より時短・よりキレイに】ドライヤー選び&使い方はこちらで。

パーマヘアと洗い流さないトリートメントはお友達!セットで使うといいこといっぱい

B-25

さぁ、パーマを長く楽しむためにドライヤーがいかに大切かを力説しましたが、ぜひドライヤーと一緒に使いたいアイテムがあります。それが洗い流さないトリートメントです。お風呂上り、髪の水気をしっかり取ったら極力早めに洗い流さないトリートメントを髪につけてください。ドライヤー前につけることがポイント。

デジタルパーマは熱を利用するタイプのパーマ。ですが、髪はとっても熱に弱いです。もちろん日々のドライヤーでも髪は傷ついてしまいます。ブラッシングしながらドライヤーをすると摩擦も加わり、髪はパサパサになるのです。

D-17

ですが、髪を熱や摩擦から守ってくれるお手軽アイテムが洗い流さないトリートメント。私はもっぱら、オイル対応の洗い流さないトリートメントを愛用しています。私の場合、髪が太くて硬い、剛毛なんです。水もはじくほどの剛毛。

そんなゴワゴワした髪質にはオイルタイプがよく髪になじみますよ。私の髪と真逆な髪質の場合はミルクタイプの洗い流さないトリートメントが相性抜群ですね。

つまり、お風呂上りに洗い流さないトリートメントを髪につけて、ねじり上げドライヤーをしておけば翌朝スタイリングが楽ちんになるということ。ぜひパーマヘアの習慣にしましょう。

→【パサパサがウルツヤに】洗い流さないトリートメントを使った方がいい理由、詳しくはこちら。

スタイリング剤も相性が大切!デジタルパーマにはワックスをうまく使え

C-66

最後に、スタイリングにもパーマ復活のカギがありますよ。特に、スタイリング剤はウルツヤパーマを演出するための必須アイテム。

中でもワックスは、デジタルパーマととっても相性が良いです。しっかりと乾いた髪にワックスをもみ込んで、一日中カールを楽しみましょう。

「ワックスってベタッとした仕上がりになる」と心配になる方も多いと思います。最近はムースを活用するっていう方も増えていますね。

でも、デジタルパーマはやっぱり乾いている状態が理想的、一番カールが戻るコンディション。ムースなど水分の多いスタイリング剤はどうしてもカールが目立たなくなってしまうのです。

ワックスでもふんわりとした仕上がりにするコツは「薄付け」にすること。ワックスは手のひらに豆粒一つ分くらいの量を取って、手のひらによく伸ばしましょう。よく手のひらにのばしてからカールにもみ込むことで重たい印象にならず、ふんわりと仕上がりますよ。

C-60

せっかくシャンプーや洗い流さないトリートメントでケアしたパーマヘア、キレイに見せたいですよね。スタイリング剤をあまり使ったことが無いという方はぜひ、ワックスデビューしちゃいましょう。

まとめ

いかがでしょうか。

いえーいゆか

・パーマヘアにはシャンプーはマイルド系を使うこと。最初は美容師さんおすすすめのシャンプーを使ってみよう。

・デジタルパーマにはドライヤーと洗い流さないトリートメントが必須。髪を熱から守りながら「ねじり上げドライヤー」でカールが復活。

・スタイリング剤でウルツヤカールが戻ってくる。ワックスはよく手のひらに伸ばしてから髪にもみ込むのがポイント。

パーマをかけると身も心もなんだか一新したような、フレッシュな気分になりますよね。でもお手入れが面倒だからとか、すぐにパーマがとれてしまうからという理由でパーマをしないなんてもったいない。ちょっとした工夫を重ねていけば、理想的なカールが長続きしますよ。パーマをかけたら、楽しみながら髪を労わってあげましょう。