洗い流さないトリートメントは便利度ナンバーワンのヘアケアアイテム!


D-60
ヘアケアの定番アイテムといえばやっぱりトリートメント!中でも洗い流さないトリートメントは、手軽に使えるヘアケア商品の代表だといえます。種類もかなり豊富ですよね。

突然ですが、みなさんの洗い流さないトリートメントを選ぶ基準って何かありますが?大手メーカーであること?好きな香りだから?パッケージがかわいいから?でも、洗い流さないトリートメントをもう少し違った目線で選んでみると、もっと良い商品に出会えるかもしれませんよ。

自分の髪との相性も考えながらトリートメントが選べたら最高ですよね。ここでは髪質別に「相性の良い洗い流さないトリートメントとは?」について解説していきます。洗い流さないトリートメントを使ったことが無い方も、この機会に試してみては?意外とめっちゃ使えるアイテムなんです。


今更人には聞けない!洗い流さないトリートメントの種類と効果


洗い流さないトリートメント選びを解説する前に、改めてトリートメントの種類をおさらいしましょう。実は「トリートメントってどんな種類があるのか」「どんな効果があるのか」よく分からないという方も多いのではないでしょうか。トリートメントとは、こんな感じで多種多様なのです。

D-61
まずトリートメントは「インバスタイプ」と「アウトバスタイプ」の二種類に分かれています。お風呂の中で使う洗い流す、シャンプーとセットで販売されているようなタイプを「インバスタイプ」と言います。お風呂以外で使う、洗い流すタイプのトリートメントを「アウトバスタイプ」と呼んでいます。

そして、アウトバストリートメントの中でも主戦力となるトリートメントは「ミルク」と「オイル」です。この二種類の選び方って本当に迷ってしまいますよね。ミルク状のトリートメントは保湿力高そうなイメージでしょうか。オイルのツヤツヤした仕上がりも良いですよね。

ちなみに、どうして「ミスト」のトリートメントは主戦力とは呼べないのか。やっぱり水分が多い分、せっかくのトリートメント能力を引き出せないからという理由からです。ただ、ミストのトリートメントも役立ちます。例えば職場やお出かけ先で乾燥が気になったとき、使いやすいのはミストのトリートメントですね。アホ毛が気になったときもシュッと髪にひと吹きすれば水分補給できますよ。

A-42
また、アウトバストリートメントによる一番の効果は「ダメージから髪を守ること」です。一方インバストリートメントを使う理由としては「髪に栄養を補給するため」ですね。アウトバストリートメントを使っているから、ヘアケアはできているだろうと思っている方もいるみたいですがちょっとそれは違うかも。熱や紫外線、摩擦によって日々髪はダメージを受けています。ダメージを減らすことができれば、インバストリートメントの効果もより出やすくなるというわけです。

更に、自分の髪と相性の良いアウトバストリートメントを使わないと仕上がりが悪くなってしまうことがあるので要注意。せっかくアウトバストリートメントをつけたのに、なんか髪に元気がない、見た目が悪くなったという経験ありませんか?それはトリートメント選びがうまくいっていないのかも。

→【インとアウトで最強】インバストリートメントもお勉強!!詳しくはこちら。

あなたはどのタイプ?髪のタイプ別、洗い流さないトリートメント選び


ずばり、どんなトリートメントが髪に合っているかは「水をはじく髪」「水を吸収する髪」のどちらなのかで決まります。水をはじく髪、吸収する髪ってどういうこと?それぞれ髪質の特徴と、相性の良いトリートメントはこんな感じです。

【水をはじく髪質の特徴】乾燥したとき、髪を乾かした後の髪の広がりが気になる。タオルドライだけでもかなり水分が取り除ける。「髪が太く頑固な髪質」と言われることが多い。

【水をはじく髪質に合うアウトバストリートメント】オイルとの相性抜群!水分量の多いミルク系のアウトバストリートメントだと、水をはじく髪質であるため吸収しにくい。お風呂上りの濡れている髪にオイルのアウトバストリートメントをつけるのがベスト。

ただし、注意点がひとつあります。それは天然のオイル。「天然のオイルだけを使っている」というオイルは酸化しやすく、扱いが少々難しいのです。アウトバストリートメント初心者は天然オイルを避けたほうがいいかも。

【水を吸収する髪質の特徴】特に湿気の多い日髪が爆発してしまう、水分を含むと髪が膨らんでしまうのが特徴。ドライヤーで髪を乾かすときかなり時間がかかる。ドライヤー後も、髪がいつまでも湿っている感じ。髪がぺたんとしやすく、ボリュームが出しにくい。

【水を吸収する髪質に合うアウトバストリートメント】ミルクとの相性抜群!オイルのアウトバストリートメントを使うとオイルも髪が吸収し、ベタッとした印象になってしまう。外出先でも髪が絡まったり、髪が広がったときにはミルクのアウトバストリートメントで整えよう。

自分の髪質には当てはまったでしょうか?中には「髪は太くて頑固なんだけど、湿気で髪が膨らみやすい」という方もいるかもしれませんね。特に、縮毛矯正やパーマの経験がある方に多いかもしれませんね。そんな場合はミルクとオイルどっちも使ってしまいましょう!

縮毛矯正やカラー、ブリーチ、パーマを繰り返していると、ダメージがかなり蓄積している可能性があります。そんなときには、お風呂上りにミルクのアウトバストリートメントを塗ってから乾かす。乾かした後、仕上げにオイルのアウトバストリートメントを少量つけてから寝る。こんな流れでダブルでアウトバストリートメントを使ってみても効果的でしょう。

→【デジパでパサパサ】深刻なダメージヘアを克服!詳しくはこちら。

【上級者向け】成分表で効果がイメージできれば、ヘアケア上級者!?


さて、洗い流さないトリートメントのタイプと髪の愛称を考えるだけでもかなり効果的な商品をチョイスすることができます。ですが、より一層洗い流さないトリートメント選びにこだわりたいなら成分表を詳しく分析してみるのも良いでしょう。

D-3
これはドラグストアで見つけた、一般的なアウトバストリートメントの成分表。成分表は配合されている量が多いものから順番に書くというルールがあります。あまりなじみのない言葉が並んでいて、分かりにくいですよね。この二番目に書かれている「ジメチコン」という成分がシリコンなんです。つまりこのアウトバストリートメントは水が一番含まれていて二番目にシリコンが多く含まれているということになります。

ちなみに、アウトバストリートメントにシリコンが使われていることはめずらしいことではありません。むしろ、アウトバストリートメントにとって、シリコン成分は使わなくてはならない成分と言えるでしょう。なぜならシリコンは髪の指通りを良くして、摩擦を防ぐという大切な役割を担っているから。

残念なことに「シリコンは髪に残留して悪さをする」というイメージがすっかり広がり「シリコン=使用NG」というイメージが強くなっています。ですがこれは、ノンシリコン商品を売り出すためのセールストークだったという説がかなり濃厚。ジメチコンなどのシリコン成分は化粧品にも積極的に使用されていて、揮発性も高くシャンプーで洗い流せる優しい成分なのです。

実際、美容師さんに聞いてみても「ノンシリコンだから」というのはヘアケア商品を買う理由にはなっていません。「ノンシリコンならなんでも髪に優しい」という固定観念はかえってヘアケア商品を選びにくくさせますよ。

f-94
ずばり、洗い流さないトリートメントを使って髪にツヤを出したいなら「水が一番多く使われていないこと」を成分表でチェックしてみてください。上の写真は水が多く含まれ過ぎておらず、シリコンが多めに使用されているためとてもツヤの出やすい、サラツヤな髪になりやすい商品だと言えるでしょう。シリコンが使用されていればより一層髪をコーティングする力が強く、ツヤも出しやすいということです。

ただ、中には「あんまりシリコンが多く含まれていると心配」という方もいらっしゃるでしょう。現在ヘアケア商品に使用されているシリコン成分は水にも溶けやすく、揮発性も高いためそこまで神経質になる必要はありません。

ですがどうしてもシリコン成分の多い商品は使いたくないという方は「より水に溶けやすいシリコン成分が使用された洗い流さないトリートメント」をチョイスしてみてはいかがでしょうか。ちなみに、洗い流さないトリートメントを買う以上、シリコンがまったく使用されていない商品を選ぶことはとても難しいです。シリコンの力で髪を守り、ツヤを出すということで洗い流さないトリートメントの効果を高めているものがほとんどなのですから。

D-62
例えば、シクロペンタシロキサンは最近人気のシリコン成分の一種。より水に溶けやすいシリコン成分だといわれています。ただ、水に溶けやすい分髪を守る、コーティングする力は弱くもなりますね。ですがこの場合は、4番目にはジメチコンという成分も入っています。ジメチコンは摩擦や紫外線といった刺激にわりと強いので、ツヤを出したり髪をコーティングする力を発揮してくれると思います。

つまり、髪にツヤが欲しいという希望が一番なら「水でかさましされていない」「より安定した成分のシリコンが使われている」ということをチェックしてみるのが一番。指通りをよくする程度でよりマイルドな成分の方が良いということなら、より水に溶けやすいシリコン成分が多く使用されている商品を選んでみるといいですね。

まとめ


いかがでしょう。

いえーいゆか

・洗い流さないトリートメント、最大の効果はダメージから髪を守ってくれるということ。

・水をはじく髪質であればオイル。水を吸収しやすい髪質であればミルクの洗い流さないトリートメントが相性抜群!

・洗い流さないトリートメント選び上級者は、成分表で水やシリコンのバランスを見てみると更にGOOD。



トリートメントって店頭で試せないから選びにくいですよね。デパ地下みたいに、ちょこちょこ試食できたらいいのになぁと思います(笑)どうしてもトリートメント選びはパッケージやポップに目が行きがちです。でも、成分を見てみると意外な発見がたくさんあります。成分の名前は覚えにくいですが、成分を調べてみるのも楽しみのひとつだと思います。