D-59

ヘアカラー専門店が地元に誕生。思い切って入店

最近は「〜専門サロン」というような美容院が増えたように感じます。縮毛矯正専門サロン、カラーリング専門サロン、ヘッドスパ専門サロンなどなど。うちの近所にも、ヘアカラー専門サロンができたのです。

実はこの頃、白髪が出てき始めて悩んでいた私。美容院に行くと高くつきますし、白髪染めを買って自分で染めるのはちょっと難しそうで手が出せずにいました。ヘアカラー専門サロンであれば、カットがない分安くすみますし、もちろん失敗もしないはずですよね。

スポンサーリンク


色々考えた結果、私は思い切ってオープンしたてのヘアカラー専門サロンへ行ってみることにしました。いざお店に入ってみると、優しい女性の店長さんが対応して下さいました。

店内の雰囲気、店長さんの接客、全て言うこと無し、リピート確定

店内は清潔感があり、シャンプーも気持ちがよく、店長さんの心配りもパーフェクト。あっと言う間に時間が経って行きました。こんなに素敵なサロンならもっと早くお店に来ればよかったなぁと思うほどでした。

そして、一番重要なヘアカラーの仕上がりですが、とてもきれいに染まり大満足でした。やっぱり自分で染めなくてよかったなぁと思いましたし、ぜひ次回もここで染めてもらおうと心に決めました。

さて、それから2ヶ月ほど経ちました。白髪染めをしてから2ヶ月も経つと最根元が白くなってきます。また、ヘアカラー専門サロンでキレイに染めてもらおうと思い、また同じお店に行くことにしました。

ですが、2ヶ月ぶりに訪れた店内は、少々雰囲気が変わっているように感じました。何が変わってしまったのだろうとキョロキョロしていると、シャンプー台が変わっていることに気がつきました。

なんと、高級感のあったシャンプー台が、ちょっとチープなシャンプー台に変わってしまっていたのです。しかも、この日は店長さんがお休みで担当してくれたのは新人の男性スタッフでした。

グレードダウンした店内に嫌な予感。そして予感は的中し・・・

色々と嫌な予感はしたものの、ここまできたらヘアカラーをお願いするしかありません。覚悟は決めましたが新しいシャンプー台は寝心地は悪いし、男性スタッフとは会話が弾まないし、私の気持ちはどうにも上がらないまま施術は終了。仕上がりもまぁまぁで、何だか消化不良のまま帰宅することになってしまいました。

さぁここから、私の悲劇が始まります。嫌な予感が的中したのです。自宅でふと鏡を見てみるとおでこの所々にシミが出来ていることに気がつきました。まだら模様に、おでこ、髪の生え際にポツポツと。ダルメシアンの模様のようなシミでした。

おでこのシミの色は茶色。私はすぐにピンときました。カラー剤です。店長さんは以前、しっかり生え際にクリームを塗り、カラー剤が皮膚につかないようにしていました。ですが新人の男性スタッフは生え際にしっかりクリームを塗っていなかったのです。

私は急いでお店に戻り、施術したスタッフさんにシミを見せました。すると驚くことに「何日かしたら落ちますよ、様子みてください」と一言。怒る気も失せてしまいましたよ。

結局私はこのおでこのカラー剤のシミと一週間格闘することになるのでした。一週間経ってやっとおでこのシミが消えたのですが、以降白髪は自分で染めるようにしたことは言うまでもありません。ちなみにどうして設備やスタッフの技術がグレードダウンしてしまったのかは謎のままですが。

スポンサーリンク