天然パーマにもうお手上げ!なんでもいいから解決法を!


D-72
私の髪は典型的な天然パーマです。その上髪の量も多く、しばっていないと目も当てられないほどのボサボサ状態に。女子にとっては深刻な悩みですよね。

スタイリングをしようとしても、ネットで出てくる画像はサラサラなストレートヘアばかり。こんなゴワゴワな私の髪じゃ、モデルさんのようなスタイリングできないよと思うことありませんか?結局いつもどおり、髪をただしばって出かけることになること、私はよくありました。

頑固な天然パーマに勝つには一体どうすればよいのでしょうか。シャンプーにトリートメント、整髪料にセルフパーマ、ヘアアイロンなどなど。世の中にはヘアケア商品が溢れています。どの商品がくせ毛を解決してくれるのでしょう。

くせ毛に勝つには伸ばすしかない?やっぱり縮毛矯正!


D-56
こんなくせ毛の悩みを美容師さんに相談するとたいていこう言われます。「縮毛矯正しちゃえばいいんじゃない?」と。縮毛矯正ってくせ毛にとっては最終兵器といったところなのでしょうか。

そもそも、天然パーマといわれるような頑固なクセを持っていると、どうしてもロングヘアにせざるを得ないという場合が多いです。なぜかというと髪を短くしてしまうと、髪が大爆発を起こしてしまうから。

私がよく美容師さんに言われていたのは「これ以上切ると髪の重さでボリュームを抑えることができなくなってしまう」という言葉でした。「もっと髪を切ってください、すいてください」とお願いしても、拒否されることは天然パーマ特有の悩みかもしれませんね。

ですが、縮毛矯正をすればそんな悩みも一気に解決されてしまうわけです。天然パーマに悩んでいたけど、縮毛矯正をかけたことでバッサリ切ってショートヘアを楽しめるようになったという人も多いんだとか。

更には「アホ毛」「バカ毛」と呼ばれる縮れ毛に悩んでいる場合にも縮毛矯正はかなり効果的。どんなにトリートメントをしても、天然パーマの場合はどうしても髪が縮れてきてしまいますよね。ヘアダメージによる縮れやうねりではなく、元々の髪質や生え方にクセがある場合にはやっぱり縮毛矯正が効果的な解決策と言えるわけです。

→【アホ毛は抜いちゃダメ】アホ毛の正しい対処法、こちらで詳しく解説しています

ストパーじゃないよ、縮毛矯だよ。よくある勘違い


ただよくある勘違いは「ストパーかけたんだ」と言いながら実は縮毛矯正をかけているなんているケース。縮毛矯正とストレートパーマは大きく違います。縮毛矯正が天然パーマに強い理由もそこにあるのです。

パーマと縮毛矯正は確かに手順としてはよく似ています。どちらも薬の液を髪につけて置いておく、洗い流してまた薬を塗るという流れですよね。

そっかーゆか

ただ、縮毛矯正の一番の強みであり特徴は「熱」を利用するということ。縮毛矯正は薬を洗い流した後に、髪にくまなくヘアアイロンをかけていくのです。このヘアアイロンをかけてることによって、薬と熱のダブル効果で天然パーマをガツンと矯正することができるというわけ。


縮毛矯正ってこのヘアアイロンをかけるという作業にかなりの時間を費やさなくてはいけません。髪の量にもよりますが、縮毛矯正の所要時間は3~4時間程度である場合が多いです。それだけしっかり髪に薬を浸透させ、髪と言う髪にヘアアイロンをしっかりかけるからこそくせ毛をストレートヘアに変身できるのです。

一方、パーマはというと薬の力とロッドと呼ばれるカーラーを使って髪のクセを変えるという方法が一般的。薬をどれくらい髪につけておくか、どんな薬をつけるかによって仕上がりは大きく変わるわけです。よく聞くパーマ失敗談はお客さんの髪質と薬の相性が悪いことが原因ですね。

それなっゆか

つまり、薬と熱を利用した最強パーマが縮毛矯正というわけ。ちなみに、縮毛矯正と同じような熱を利用するパーマも最近増えています。縮毛矯正に近いパーマとしてはデジタルパーマが最も人気でしょう。



通常のパーマは2~3か月程度カールが持てばいい方ですよね。ただ熱を利用したデジタルパーマや縮毛矯正は半年程度持つという場合もあるそうです。それだけ、熱によって髪は変化しやすいということですね。

【よくある疑問】縮毛矯正って妊娠中でもOK?


D-57
縮毛矯正は一度かけると半年は効果が持続します。昔は髪がノリのようにぺったんこになるほど強力な薬を使用することもありましたね。

全てのパーマを落としてしまうような威力が縮毛矯正にはあります。デジタルパーマのような強いパーマさえも落としてしまうパワーを持っています。

そこで気になるのは「体への影響」です。例えば、妊娠中の場合でも縮毛矯正をかけることってできるのでしょうか。強力な薬を使って胎児に影響があっては大変。

いえーいゆか

ですがご安心ください。基本的に、縮毛矯正は妊婦さんの体に悪影響を与えるようなことは考えにくいです。美容室で使われている薬液は人体に特別影響は出ないと言われてり、妊娠中でもヘアカラーやパーマを楽しむ方はいるそうです。



ただ、総合的に考えて妊娠中は縮毛矯正を控えたほうが良いと思います。美容室の方針によっては妊婦さんへの縮毛矯正はお断りするということもあるのだそうです。

妊婦さんに縮毛矯正が適していないという理由としては「髪質が安定していないから」ということが挙げられます。ホルモンバランスが著しく変化している妊娠中は、妊娠前に比べると髪質が大きく変化していることが多いです。

普段通っている美容室にいつもお願いしているヘアカラーをお願いしても、妊娠中は仕上がりが変わってしまうことも珍しくありません。そのため、妊娠中はカット以外の縮毛矯正やパーマ・ヘアカラーは失敗する確率も高くなってしまうというわけ。

更に、妊娠中はかなり臭いに敏感になります。美容室の臭いは妊婦さんにとっては少々不快になるかもしれません。私の先輩ママさんは人ごみの臭いですら辛いと言っていました。

長い時間座っていなければならないということ、シャワー台で髪を洗い流さなくてはいけないということなどなど。妊娠している体にとっては負担になることの方がどうしても多くなるため、縮毛矯正は妊娠中は避けたほうが無難だと思います。

縮毛矯正後の髪にはやっぱりノンシリコン?オーガニック?いやいや・・・


D-58
さて、縮毛矯正を無事かけ終わったらやっぱり気になるのはアフターケアです。特にシャンプーはこだわった方がいいのかなと思いますよね。特に話題のノンシリコンシャンプーなど、使ってみたくなります。

ですが、やみくもにノンシリコンシャンプーに走るのはちょっと間違いかも。そもそもシリコン自体は悪者ではなく、必要な場合もあります。シリコンは毛を包んで摩擦や熱から髪を守ってくれるという役割があるのです。

→【シリコンは悪じゃない】ノンシリコンシャンプーのメリット・デメリット。詳しくはこちら

シリコンについての勘違いで多いのは「毛穴につまる」「髪に蓄積して毛が息できなくなる」という声。でも、現在販売されているシャンプーに大量のシリコンが使用されているケースは減っています。シリコン成分は髪を窒息させるほどこびりついてしまう成分ではありません。しっかりシャンプーをすすいでいれば、毛穴に詰まって悪さをするようなことも考えにくいです。

むしろ、縮毛矯正後の髪にはノンシリコンシャンプーはあまり向いていないかもしれませんね。シリコンが入っているヘアケア商品の方が髪の指通りを良くしてくれるので、摩擦によるヘアダメージを軽減してくれますよ。

何より縮毛矯正後に注意しなくてはいけないこと、それはシャンプーをするタイミングと洗浄力です。薬の力で髪の状態が安定していない縮毛矯正直後は特に注意が必要。

まず、縮毛矯正の当日はもちろん、翌日も洗髪は控えた方が良いでしょう。縮毛矯正の翌日もまだ薬が髪に定着していない可能性があります。できれば2日は洗髪を我慢することがおすすめですよ。

また、シャンプーを再開してもシャンプーは買い直した方がいいかもしれません。特に、洗浄力が強いシャンプーの場合はせっかく染み込んでいた薬の成分も洗い流す危険性があります。

ずばり、ベタイン系の界面活性剤が使用されているシャンプーが縮毛矯正後の髪にはちょうどいいです。シャンプーの成分表に「○○プロピルベタイン」というような成分が書かれているのを見たことはありませんか?~ベタインという界面活性剤は洗浄力が優しい場合が多いです。


A-26
B-84
ベビーシャンプーにも使われているような優しい洗浄力のシャンプーは縮毛矯正後の髪とも相性が良いです。どうしても、一般的なシャンプーよりも高くなる傾向にありますが縮毛矯正後はシャンプーも買い替えたほうがベストでしょう。

→【余っても大丈夫】シャンプーにはまだまだ使い道があります。詳しくはこちら

まとめ

いかがでしょうか。

いえーいゆか

・熱と薬のパワーでくせ毛を矯正するのが縮毛矯正

・妊婦さんが縮毛矯正をしても問題は無いが、控えたほうが無難

・シャンプーは優しい洗浄力のシャンプーに切り替えるとGOOD



縮毛矯正って時間もお金もかかります。でも毎朝くせ毛と格闘することを考えれば、一度思い切って縮毛矯正をかけてしまった方が楽になりそうです。美容師さんにアフターケアのポイントも合わせて聞いておくことも大切。少しでも長く、キレイにストレートヘアを維持したいですもんね。