オーガニックシャンプーってなんか良さそう!あなたがオーガニックを選ぶ理由は?

D-46

「オーガニック野菜」「オーガニックオイル」「オーガニックシャンプー」などなど。オーガニック商品マニアも多いですよね。特に女子はオーガニックという名前の商品が大好きです。

「オーガニック」という言葉からどんなことがイメージできますか?低刺激、体につけても安心、環境に優しいというイメージでしょうか。私も「オーガニックといえば体に良いんだろうな」となんとなくそんなイメージ。

ならやっぱりオーガニックシャンプーだって体によいはず!自然のものをたくさん配合してそうだから!でも、ちょっと待って。あなたの髪は本当にオーガニックを欲しているのでしょうか。または、オーガニックと言っているそのシャンプーはあなたが求めているオーガニックなの?

考えてみれば、オーガニックシャンプーを選ぶ基準ってけっこう曖昧ですよね。今やオーガニックシャンプーの種類はどんどん増えていて選ぶのも一苦労。どんな人にオーガニックシャンプーが必要なのか、どうやって良いオーガニックシャンプーを見つければいいのか。ちょっと研究してみませんか?ちょっとオーガニックシャンプーについて詳しくなれば、女子会でも自慢できますよ。

オーガニックシャンプーとは?実はこんな人には向いていない!

D-47

まず、オーガニックシャンプーとは「オーガニック成分が入っているシャンプー」のことです。実は明確な定義がないため、メーカーによって特徴・効果はバラバラだというのが現状。有機栽培された植物の成分を1種類でも配合したシャンプーであればオーガニックシャンプーとして販売されているのが現状です。

とはいえ、オーガニックシャンプー最大の特徴といえば「低刺激」「マイルド」だということ。優しく髪を洗いあげて、ふんわりとした仕上がりにしてくれます。だからこそ、オーガニックシャンプーって向いている人と、向いていない人がいるのです。

ずばり!こんな人・・・

そうなのっゆか

・普段からワックスなどの整髪料をよく使っている。

・シャンプー選びは香りを重視している。

・フケや湿疹に悩んでいる。敏感肌。


こんな人はあまりオーガニックシャンプー向きの髪ではないと思います。それぞれの理由はこんな感じ。

「普段からワックスなどの整髪料をよく使っている」という場合、やっぱりシャンプーできちんと整髪料を洗い流す必要がありますよね。特にワックスでベタベタ、スプレーでカチカチに固めた髪にはオーガニックシャンプーの洗浄力はちょっと弱すぎかも。オーガニックシャンプーは泡立ちも少ないことが多いため、すっきりした洗い上がりを期待している人には物足りない感じがすると思います。

次に「シャンプー選びは香りを重視している」という場合、オーガニックシャンプーの香りに抵抗を感じる可能性があります。本格的なオーガニックシャンプーは「植物油のようなにおい」であることがあるためです。香料をあまり使っていないというのもオーガニックシャンプーの特徴。オーガニックシャンプーの香りは好き嫌いが分かれてしまうようですね。

最後に「フケや湿疹に悩んでいる。敏感肌」という場合です。オーガニックシャンプーは様々な植物を配合している場合があります。ナッツ、アルガンオイル、オリーブオイル、アロエエキスなどなど。これらの植物にアレルギー反応が出ることも考えれるのです。なので、アレルギー反応がでやすい、敏感肌の方は成分にかなり注意が必要になるでしょう。

「オーガニックだから絶対体に優しい」と考える前に、オーガニックシャンプーの特徴をまず知ることが大切ですね。マイルドな洗浄力、植物の成分を多く含んでいるからこそ、実はあまり相性が良くないシャンプーだということもあるんです。反対にこんな方はオーガニックシャンプーを使ってみると良いかもしれません!

そっかーゆか

・パーマや縮毛矯正をしてヘアダメージが気になる。

・美容室へ月一程度で通っていて、トリートメント効果を長持ちさせたい。

・以前に比べて髪にコシがなくなっている気がする。

こんなことが思い当たる方はオーガニックシャンプーのマイルドな洗浄力は合っていると思います。パーマなどの直後は洗浄力の強すぎるシャンプーは控えたほうが良いですし、美容室のトリートメント直後も同様です。これはパーマを長持ちさせるコツでもありますよ。

→【洗い方で脱パサパサ】正しくシャンプーすれば更にGOOD!

【選び方】オーガニックシャンプーのどこを見る?シャンプー売り場を探検してみた

では、いざオーガニックシャンプーを使ってみようとしたときに、どんなポイントを見て選べばよいのか、気になりますよね。ちょっとシャンプー売り場を見てみるとこんなに商品が並んでいる・・・。これは迷ってしまいますね。ざっとパッケージを見てみましょう。

B-73

D-48

D-49

D-50

パッケージやポップだけ見るとなんだかどれも髪に良さそうに感じてしまいます。じゃ、何となくパッケージのかわいいシャンプーにすればよいのでしょうか。例えばこれが食べ物だった場合どうでしょう。産地はどこかな?カロリーはどれくらいかな?どんな成分が入っているんだろうと、商品の裏面を見ますよね。

シャンプーだって同じです。シャンプー選びに必要な情報は、成分表に隠されているのです。シャンプーの成分表を見てみるとこんな感じ。

D-51

B-82

見慣れないカタカナがたくさん並んでいます。ここで注目のポイントは界面活性剤。ちょうど丸をつけているのは界面活性剤の成分です。成分表は配合量の多いものから表示されているのですが、「水、界面活性剤」の順番に書かれていることがほとんど。

そもそもシャンプーとは「頭皮を洗浄する洗剤」です。オーガニックシャンプー選びに欠かせないのも、やはり「どんな界面活性剤が使われているのか」「オーガニック成分は何番目に書かれているのか」ということ!せっかく良いオーガニック成分が入っていても、洗浄力の強すぎる界面活性剤を使用していては台無しですもんね。洗浄力とオーガニック成分のバランスがとっても重要なのです。

オーガニックシャンプーの成分表!こんな成分には注意

例えば、オーガニックシャンプーとして売られていた商品の成分表がこちら。

D-52

成分を見てみると二番目に「ラウレス硫酸Na」三番目には「コカミドプロピルベタイン」と記載されていますね。ご存知の方も多いかもしれませんがラウレス硫酸は様々なシャンプーに配合されているかなり洗浄力の強い成分です。コカミドプロピルベタインというちょっと弱めの界面活性剤で多少マイルドになっているのかもしれませんが・・・。

つまり上の写真のシャンプー、典型的な「オーガニックシャンプーっぽいシャンプー」といえるでしょう。せっかくのオーガニック成分が界面活性剤に負けてしまいます。次も「オーガニック風シャンプー」といえるかもしれません。アロエエキスで頭皮の新陳代謝を促せるものの、やっぱり界面活性剤の力が強すぎます。

D-53

「硫酸」という字が入っていると「オーガニック成分が入っているのに残念だな」という印象になってしまいます。それ以外のアロエベラ液やオオムギの成分は髪に良いのに、界面活性剤の力で髪にきちんと届かないということが考えられますね。次にこんなオーガニックシャンプーはどうでしょうか。

D-54

このシャンプー、水の次に書かれている界面活性剤の種類は比較的マイルドなものですね。ラウロイルサルコシンTEA、コカミドプロピルベタインと界面活性剤が続いているのがちょっと気になりますが、泡立ちをよくするためなのでしょう。ホホバオイルも割と多く使われているということが分かります。やっとオーガニックシャンプーらしくなってきました!

D-55

最後は赤ちゃんにも使えるオーガニックシャンプーの成分を見てみましょう。やはりベビーシャンプーにもなると使われている成分も少なく、低刺激なものばかり。アロエベラ液というアロエのエキスを主成分として、デジルグルコシドもトウモロコシなどから抽出される自然由来の界面活性剤ですね。まさしくオーガニックシャンプーそのもの。

こんな風に、シャンプーを成分分析してみると、とっても分かりやすいです。もちろん、全部界面活性剤の種類を覚えるなんてことはしなくてOKです。成分の名前をその場でネット検索してみれば、洗浄力の強さ、マイルドさがすぐに調べられますよ。

オーガニックシャンプーどこまでこだわる?シャンプーは使い分けるとGOOD

とにかく、大切なことは成分と効果を見て、自分に合うシャンプーか試してみること。オーガニックだということだけでは何も分かりません。「こんなに低刺激な成分なのに、こんな効果があるって本当かな?」と買ってみて、使ってみる。気に入ったらリピートしてみる。すると自然と自分の髪に合った成分、シャンプーが見えてきますよ。

そして、「使い分け」もシャンプー上級者テクニックのひとつ。汗をたくさんかいた、整髪料をたくさん使った、好きな香りで癒されたい。そんなときは多少強い成分のシャンプーでも使ってよいと思います。パーマやカラーで髪がお疲れモードかなというときにはオーガニックシャンプーで優しく仕上げてみるなど、使い分けるのが良いですね。実際美容師さんも何種類かシャンプーを使い分けているそうです。

シャンプーを選んだ理由が「オーガニックだから」ではなく髪に合った成分・効果をしっかり見極めるようになれればシャンプーマスターの仲間入り。もちろん、それまでにはたくさんのシャンプーを試してみる必要があるかもしれません。でも、いくつかシャンプーを使い分けると新しい発見もあり、どんどんシャンプー選びが楽しくなりますよ。

→【余っても大丈夫】シャンプーを買い替えた・買い替えたい時の活用術はこちら。

まとめ

いかがでしょう。

いえーいゆか

・オーガニックシャンプーを使うにも向き不向きがある。

・どんな界面活性剤を使用しているか、どの程度オーガニック成分が入っているのかを見て選ぶべし。

・シャンプーはとにかく試してみる!シャンプーの成分と髪の相性をみて、目指せシャンプーマスター!

私もまだまだ自分に合った究極のシャンプーを模索中。最初はちょっと面倒だったのですが、色々なシャンプーを試すうちに楽しくなってきました。化粧品を選ぶように、大好きなスイーツを選ぶように、シャンプーもお気に入りを見つけたいですよね。